育てる環境

学べる、成長できる、
研修プログラム

電通西日本の資産は「人」です。その貴重な人材を大切に育てるため、新入社員研修をはじめ、フォローアップ研修、3年目研修、管理職研修、スキルアップ研修など、充実した研修プログラムを用意しています。さらに、業務に必要な資格を取得する際には、受験費用などを支援。社員が学びやすい環境づくりに努めています。

新入社員研修

電通西日本では内定者研修を行っています。先輩社員が手がける実際のイベント現場を見学することで、仕事のイメージをつかむことができます。
入社後は約2カ月間、電通グループ会社の新入社員が一堂に会して、社内規則や各部署における仕事の基礎を学びます。また、営業・メディア現場実習では、先輩社員の指導のもとに実務を体験します。

フォローアップ研修

新入社員研修を終えて各部署に配属された後、半年が経過した時点でフォローアップ研修を行います。再び電通グループ会社の新入社員が集合して、これまでの業務を振り返り、今後の仕事への向き合い方を見直すための研修です。
また、電通西日本では入社2年目研修を行い、1年間を振り返るとともにグループワークを実施しています。

入社3年目研修

入社3年目には、電通グループ会社の同期社員と、部門の壁を越えたチームを組んで演習を行います。2年間の業務を振り返るとともに、さまざまな部門で活躍する先輩社員と接して、今後のキャリアについて考えます。

スキルアップの選択型研修

マーケティング、コーチング、ファシリテーション、プレゼンスキルアップ研修など、電通グループ会社向けに公開されているあらゆる分野の研修に参加することが可能です。業務に関連するスキルアップを目指して、各自で選択して受講して頂けます。

管理職研修

新しく管理職になった社員は、目標設定の重要性やチームメンバーとの関係づくり、人材育成のコーチングなどを学びます。また、部長以上の管理職研修では、社外講師を招いて、管理職のあり方やマネジメント方法を学びます。