Creativeクリエーティブ

コミュニケーションデザイン

コミュニケーションデザインとは?

「コミュニケーションデザイン」とは、人と人や、人とモノ、等、人と何かを繋げる為のコミュニケーションをデザインすることを指します。広告の場合、企業の伝えたいことを最大限活かすために、受け手にとって最良な環境で伝えるにはどうしたら良いか?を考えデザインし組み立てていくことになります。その際、ターゲットとの接点となるメディアやメッセージの内容、時間、場所、手法など全ての要素が重要となります。例えば、約20年前までは4媒体と言われるマスメディア(TV,ラジオ,新聞,雑誌)を中心に企業はメッセージを配信してきました。その中でクリエーターたちはコピーやグラフィックデザイン、映像など、企画表現の精度を上げる努力をしてきました。品質を上げることが企業の課題解決に一番効果的だと考えられていたことが理由です。しかし、生活様式も多種多様化し、日々変化し、様々な情報で溢れかえっている今、表現だけでは課題解決に効果を発揮しにくい状況になってきています。広告のゴールをターゲットのハートを射止めることと考えると、ラブレターのようなアプローチだけでなく、コンサートに連れて行って告白したり、プレゼントを贈ったり、周りの人から勧めてもらったりする等、様々なアプローチが考えられます。企業の伝えたいことを最大限に伝える環境をデザインする「情報伝達環境の最適化」が求められるようになった現在、電通西日本では、電通グループの事例をもとに、「広告が効く環境」を整え、最適な展開ができるよう、「企画・戦略・表現・実施」まで、トータルでコディネートいたします。

電通西日本のご依頼やご要望はこちら

ご相談は無料です。

地域を元気にするビジネス情報サイト エリアシ