Creativeクリエーティブ

プロダクトデザイン

プロダクトデザインについて

プロダクトデザインとは言葉の通り、プロダクト(商品・製品)をデザインすることです。なぜ、広告会社がプロダクトデザインをするのか?という疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。「コミュニケーションデザイン」のページでも書きましたが、今の時代、人の生活様式も多種多様化し、クライアントの課題も多様化しています。ただ単に広告を作りメディアを買うということでは解決できない課題に対し、今までの広告会社の領域を超え、今まで培ったマーケティング手法やアートディレクション能力を活かし、課題解決に適した新しいプロダクトデザイン・開発とコミュニケーションアプローチで解決へ導きます。電通西日本では、アートディレクターを中心に「プロダクトデザイン」や「空間・店舗デザイン」、「デザインニーズの掘り起こしから見せ方、広め方」まで、トータルでご提案いたします。

事例:株式会社米三様(富山県)
富山県の老舗企業である家具・インテリアを扱う米三様。ソファ、ベッド、ダイニングセット、から生活雑貨まで、様々なスタイルのインテリアを豊富に取り揃えていらっしゃいます。

●プロダクト開発の背景

家具インテリア商材をメーカーから仕入れて販売する米三様の悩みが通販や他大手家具小売店との価格競争でした。電通西日本では、売上や顧客分析をお手伝いさせて頂く中で、商品によっては利益率が厳しい状況にさらされていることがわかりました。

●ご依頼内容

米三様として利益を改善するだけでなく地元富山の経済活性化につながる施策はないか?というご相談でした。

●ご提案内容

富山の伝統技術職人と電通グループのプロダクトデザイナーのコラボレーション製品を開発。
金屋町は富山県高岡市にある最も古い町で、1609年、加賀藩主前田利長が城下町高岡の繁栄策として、鋳物造りを奨励したことから、高岡鋳物発祥の地である金屋町は大いに栄えました。ここに本社を置く老舗鋳物メーカーと電通グループでチームを作り、米三様のオリジナルブランドのOEM開発をしました。

●富山県高岡市金屋町

(写真引用元:富山県観光ナビ

●完成した新商品「PELAMP」

米三様の新しい取り組みとして「KOMESAN DESIGN PROJECT」第一弾として生まれたのが、錫(すず)を使ったまったく新しいスタンドライト「PELAMP」です。

http://komesan-design.jp/

電通西日本のご依頼やご要望はこちら

ご相談は無料です。

地域を元気にするビジネス情報サイト エリアシ