Digital Technologyデジタル・テクノロジー

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、インターネット上にある自社メディア(オウンドメディア)を中心に有益性の高い情報発信をして見込み客や顧客との良好な関係をつくり、購買行動に繋げることです。ここで言う有益性の高さとは、悩みを抱えてWEB上で検索行動を行う見込み客や顧客にとっての悩みを解決するために役立つ内容のコンテンツを指します。
重要なのは、企業視点ではなく、あくまでユーザー視点に立ったコンテンツを提供することです。また、ネット広告や他のメディアの力に頼らず、自前のコンテンツで「見つけてもらう」ことを目指す事が理想形です。人気コンテンツとして共感されると、YoutubeやFacebook等ソーシャルメディア、紙媒体への2次利用もされます。著作(制作)権に注意する必要はありますが、無料で使える点も魅力です。

コンテンツマーケティングは、①伝えたい相手(ペルソナ)の設定、②バイヤージャーニー(購買プロセス)の設計、③有益性を伴うコンテンツストーリーの設計、④マーケティング目標(KGI/KPI)の設定、という4つのステップで行われます。
ウェブを中心としたコンテンツマーケティングの需要が高まる背景にはいくつか要因がありますが、「WEB検索行動の日常化」という生活者の情報探索行動がインターネットの登場以前と比較すると劇的に変化したことが大きなポイントです。つまり、検索という情報探索行動を通してインターネットの世界に接触することが当たり前になったことにより、生活者と企業がつながりやすくなり、コンテンツマーケティングが受け入れられやすい環境が整ってきていると言えます。

広告とコンテンツマーケティングの違い

コンテンツマーケティングの考え方(不動産の場合)

電通西日本のご依頼やご要望はこちら

ご相談は無料です。