Marketing統合マーケティング

マーケティング戦略立案、リサーチ

マーケティング戦略立案、リサーチとは?

マーケティング戦略とは、中長期的なマーケティング方針を意味し、企業があらゆるマーケティング活動を行う上での指針となるものです。基本的なマーケティング戦略策定手順としては以下の通り大きく6つに分けられます。

  • 1)環境分析

    分析を通して市場における自社の強み・弱みを把握します。
    この際、環境分析のフレームワークである3C分析やSWOT分析などが多く使われます。
  • 2)セグメンテーション(市場細分化)

    市場を区切り、各集団のニーズや特徴を把握します。
  • 3)ターゲティング(市場の絞り込み)

    ニーズと照らし合わせ、自社の強みが伝わりそうなセグメントを選定します。
  • 4)ポジショニング

    セグメントの顧客に対して、自社の商品が提供できる価値を定義します。
  • 5)マーケティング・ミックス(4P)

    定義した提供価値がきちんとターゲットに伝わるようにマーケティング施策を策定します。4Pとは、Product(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(コミュニケーション)の頭文字を取ったもので、ターゲットに当該商品を購入してもらうための最適な組み合わせを検討します。
  • 6)マーケティング戦略の実施と評価

    実施した戦略は次の戦略に結び付けるため、戦略が成功したかどうかを評価します。

すべてのフェーズを通して、市場環境やターゲットインサイトを探るために、マーケティングリサーチという調査が多く行われます。マーケティングリサーチは大きく定量調査と定性調査に二分されます。定量調査とは人数や割合など明確な数値や量で表される定量データを用いて集計・分析する手法で、ターゲットボリューム調査やコンセプト評価などに活用されることが多い調査手法です。一方、定性調査とはグループインタビューや1対1のデプスインタビューという方法で絞り込んだターゲットの深いインサイトを探るための調査手法です。

電通西日本では、これまで電通グループとして培ってきた知見をもとに、グループ各社と連携し、マーケティング戦略立案から施策の実施まで一貫してサポートさせていただきます。

<マーケティング戦略立案の流れ>

電通西日本のご依頼やご要望はこちら

ご相談は無料です。