Media統合メディア

インターネット広告

インターネット広告とは?

インターネット広告は、変化が著しい領域です。
近年では、スマートフォン広告・新しいアドテクノロジーを利用した広告が伸びています。
広告の種類も多様で、下記のようなWEB広告を展開することが出来ます。

表示形態

ディスプレイ広告
画像表示による広告形態で、バナー広告とも呼ばれます。
テキスト広告
テキスト(文字)表示による広告形態で、リスティング広告等があります。
記事広告(タイアップ広告)
記事型の広告形態です。新聞・雑誌でよく見られる形態で、メディアとタイアップとして作成されたものは「タイアップ広告」と呼ばれます。
ネイティブ広告
WEBサイト内のコンテンツ・記事に馴染むように表示させる広告形態です。
FacebookのフィードやSmartNews・グノシー・アンテナ等のキュレーションメディアと呼ばれるメディアの記事欄に「PR」と記載して配信することが出来ます。
動画広告
動画表示による広告形態です。
YouTube広告が浸透していますが、Facebook・グノシー、その他アプリ内にも配信することが出来ます。

配信形態

検索連動型広告(リスティング広告)
Google・Yahoo!等の検索サイトで、検索したキーワードと連動して表示されるテキスト広告です。
アドネットワーク型広告
多くのディスプレイ広告をネットワーク化した、広告パッケージです。
一つ一つのメディアに申込・配信をするのではなく、一度に多くのメディアでディスプレイ広告を配信することが出来ます。
DSP
掲載サイト面ではなく、人単位で複数のアドネットワーク等に配信することができる広告です。
例えば、20代男性が見ていると思われるサイトに配信するのではなく、20代男性にセグメント配信することが出来ます。
興味連動型広告
ユーザーのWEB上における行動から、興味・関心を分析して配信する広告です。
ディスプレイ(バナー)広告として配信されることが多いです。
リターゲティング広告(リマーケティング広告)
WEBサイト訪問経験者に対して、広告を配信する形式です。
訪問したことがあるユーザーは、関心が高いユーザーとして考えられるため、ECサイトへの誘引・購入促進に有効です。
位置情報連動型
ユーザーの位置によって、広告を配信する形式です。
スマートフォンのGPS機能等によってで、ユーザーの位置を把握します。??

課金形態

インプレッション(表示)課金型
インプレッション(表示)が発生した段階で、料金が発生する形態です。
クリック課金型
クリックが発生した段階で、料金が発生する形態です。
期間保証型
期間を保証する形態です。
成果報酬型(アフィリエイト)
ユーザーが商品・サービスの購入・申込をした段階で料金が発生する形式です。
配信数保証型
配信数を保証する形態です。メール・アンケート型の広告が多く、最近はLINEなどでも活用されている形態です。
広告視聴単価型(CPV)
ユーザーが動画を視聴した段階で、料金が発生する形態です。

電通西日本のご依頼やご要望はこちら

ご相談は無料です。