Media統合メディア

メディアプランニング

メディアプランニングとは?

メディアプランニングとは企業がターゲットに対し広告メッセージを効率的に届けるために、出稿するメディアや表現方法を計画することを意味します。広告代理店では各メディアの出稿バランスなどを算出するための独自ツールを開発しているケースが多く見られます。
また、近年注目されている手法の1つに、メディアプランニングの際に活用されるトリプルメディアというフレームワークがあります。トリプルメディアでは企業と消費者の間にある接点すべてをメディアとしてとらえ、それらのメディアをPaid media(ペイドメディア)、Owned Media(オウンドメディア)、Earned Media(アーンドメディア)に分類して整理します。単に分類・整理して終わりではなく、企業のコミュニケーション活動において、どこでどのメディアを活用すれば目的達成・効果の最大化を図れるかを検討するためのフレームワークとなっています。
  テクノロジーの発展に伴い、メディアの種類増大やターゲティング精度の向上など目まぐるしい変化がある中でも、最終的にはいかにターゲットの生活に寄り添い、いつ・どこで・どのような内容でメッセージを伝えるべきなのかを検討することが大切になります。

電通西日本のご依頼やご要望はこちら

ご相談は無料です。

地域を元気にするビジネス情報サイト エリアシ