Promotion統合プロモーション

デジタルプロモーション

デジタルプロモーションとは?

デジタルプロモーションとは、①「認知」、②「商品・サービスの購買に結びつけるための動機づけ」を行うために、顧客購買データやインターネット(技術)を活用して行うあらゆる販売促進活動のことを意味します。デジタルプロモーションの特徴は、PCやスマートフォン、タブレット、ゲーム機器やデジタルサイネージ、IoT(Internet of Things)等を活用し、生活者へ対する販売促進を行うことです。近年では特にIoT技術が発達しており、ヘッドアップディスプレイや眼鏡等のウェアラブル端末を通したプロモーションも展開され始めています。
インターネット(オンライン)上だけではなく、店頭、イベント会場等のオフラインで使われるPOS(レジ)システムや非接触型ICカード(交通ICやポイントカード)から得られる様々なデータ(ビックデータ)を分析することにより、利用者一人一人にOne to Oneなメッセージをほぼリアルタイムで送ることも可能です。
また、eメールだけでなく、Facebook、LINE、Instagram(インスタグラム)等のSocial Media(ソーシャルメディア)の浸透やインターネット技術/インフラ技術/データ処理技術の発展により、コミュニケーションの急激なデジタル化が起きており、デジタルプロモーションがますます必要になってきています。
電通西日本では、デジタル特有の表現・手法による様々なデジタルプロモーションサービスを提供可能です。

電通グループのデジタルプロモーション領域

スマートフォンやパソコンで応募する
参加型販促キャンペーン
キャンペーンサイト構築、デジタル化されたコンテンツ(壁紙、動画、無料アプリ)制作等。
モバイル機器の販促活用全般
GPS技術やビーコン技術を使ったスマートフォンでの店頭集客や販売促進、モバイルクーポン、アプリ制作等。
O to O(Online to Offline)プロモーションと呼ばれるネット上でアプリやクーポンをダウンロードしてもらい店頭に集客するだけでなく、実際に利用されてというまで効果計測まですることが可能です。
ソーシャルメディア活用の販促施策
自社ソーシャルメディア立ち上げ、ソーシャルメディアポリシー(ガイドライン)設計、運用のルール化、運用サポート。
笑いや感動を引き起こす共感コミュニケーション施策等。
最新機器/テクノロジー技術を使った
クリエーティブ演出
AR技術(Augmented Reality:拡張現実)を活用した現実の世界に仮想空間を作り出して表現するプロモーションやプロジェクションマッピングでの建物、空間での映像演出等。

※ARに対する言葉はVR(仮想現実:Virtual Reality)
※ARは主に2種類に分類(GPS等の利用→ロケーションベースAR、マーカー利用→ビジョンベースAR)

POSシステム/非接触型IDから得られる
様々なデータ連動型販促施策
ID-POS(顧客ID付きPOSレジシステム)による顧客購買分析と連動して、リアルタイムでレシート発行を行ったり、おススメクーポンの印字を行う等のOne to One情報の提供が可能です。
また、ECサイト運営と実店舗展開を行っている企業様であれば、ECと店舗での購入情報の統合によるオムニチャネルプロモーションも可能です。

デジタルプロモーションの展開例

※プライベートDMP(Privete Data Management Platform)
プライベートDMPとは、様々なデータを一元管理/分析を行い、顧客ランクに合わせた情報を提供するためのデータ管理プラットフォームのこと。プライベートDMPに対してオープンDMPもある。

電通西日本のご依頼やご要望はこちら

ご相談は無料です。