Promotion統合プロモーション

PR/戦略PR

PR/戦略PRとは?

「PR」とはパブリックリレーションズの略で、ステークホルダー(生活者・取引先企業・従業員等)と良い関係を築き、それを維持する活動のことです。

広告とPRには、様々な違いがありますが、主に下記のような違いがあります。

掲載面 購入可否 メリット
PR 記事 購入できない 信憑性が高い
広告 広告枠 購入できる コントロールできる

特に、広告と連動して生活者が興味を引く、または有益だと感じる情報を発信し、
商品・企業への関心・理解を高めることを「戦略的PR」といいます。

戦略PRは「テーマ設定」「チャネル設計」を行うことが必要です。
テーマ設定では、商品・企業のファクトを「社会の関心ゴト」にリンクさせることがポイントです。

チャネル設計では、設定したテーマを社会に発信するために、
下記のようなチャネルでプランニングをします。

①マスコミ
社会的なニュースとして情報を発信するために、「マスコミ」を活用します。
マスコミに情報発信するにあたって、企業がメディアに情報提供したいことをまとめたプレスリリース・ファクトシート、マスコミ関係者を集めたメディアセミナー・メディアツアー等の手法があります。
また、マスメディアに情報発信する際は、マスメディアが社会的な課題として、
世の中に発信できるファクトを用意することが必要です。
ファクトがない場合は調査・研究を行うことによって、ファクトをゼロから構築することも可能です。
②クチコミ
情報過多社会における偶然の出会いを演出するために、「ブロガー」等のチャネルを活用します。
具体的には、ブロガーへの情報・商品提供、SNSの開設、リアルクチコミパネルの活用等の手法があります。
③インフルエンサー(専門家)
おすみつき感を出すために、インフルエンサー(権力者・専門家)を活用します。
具体的には、調査・コンテンツの監修・セミナーでの講演・イベントへの出演等の手法があります。
インフルエンサーの立場に立って、仕事の幅が広がる・活躍できるという視点でアプローチすることがポイントです。

電通西日本のご依頼やご要望はこちら

ご相談は無料です。

地域を元気にするビジネス情報サイト エリアシ