Solutionsソリューション

オムニチャネル戦略

オムニチャネル戦略とは?

オムニチャネルとはあらゆる販売チャネルや流通チャネルを統合し、消費者がどのような販売チャネルからも同じようにシームレスに商品を購入できるような環境のことを指します。
マルチチャネルの考え方では企業と消費者との間の接点を複数持つことにとどまり、個々のサービスは分断されていました。一方、オムニチャネルではそれらの複数チャネルを連携させるので、企業は一連の購入関連データを用いて顧客に有効にアプローチすることができます。消費者にとっては、店舗・Webの垣根なく商品を購入でき、欲しいタイミングで店舗でも自宅でも受け取ることができるため、利便性の向上が期待できます。
電通西日本では電通グループ各社と連携し、戦略策定からシステム構築を通してオムニチャネルの実現をトータルにサポートします。

オムニチャンネルの概念

  • シングルチャネル

    リアル店舗だけで買い物

  • マルチチャネル

    リアル店舗に加え、通販・ECサイトで買い物できるが、個々のサービスは分断

    ※シングルチャンネルが複数になっただけ

  • オムニチャネル

    いつでもどこでも同じくシームレスに購入・受取ができる

    ※複数のチャネルが連携し、商品管理・顧客管理が一元管理できるようになった

電通西日本のご依頼やご要望はこちら

ご相談は無料です。

地域を元気にするビジネス情報サイト エリアシ